占いが人を引きつけること|スピリチュアルな雰囲気

異性に対して

この言葉の歴史について

girl

「もてる」という言葉時代は、江戸時代からすでに使われていたと言われています。 そして「持てる」という書き方がされていたらしいです。 意味も今と殆ど変らず、異性からちやほやされることを指していたみたいです。 「モテる」という書き方になったのは、昭和の中頃辺りからだと言われています。 「モテる」という書き方の方が、その言葉の意味がよく表れている感じもします。 「モテ期」という言葉が浸透されたのは、2010年にドラマとして放送されてからのことです。 2011年には映画化もされ、モテ期という言葉は確固たる地位を占めるようになりました。 今では、モテ期に関する様々な情報が飛び交っていて、それを信じている人もたくさんいるのです。

モテ期という言葉は、今後もたくさんの人に浸透されることが予想される

モテ期と言う言葉は、ドラマや映画により浸透しました。 インターネットで調べると、それに関する情報がたくさんあります。 モテ期診断までしてくれるサイトまであるほどです。 モテ期は、人生に3回やってくると言われていますが、実際のところはよくわかりません。 しかしいくらモテ期であっても、何も行動をしなければ異性からモテようがありません。 その意味では、積極的にアプローチする良い機会として捉えることもできるかと思います。 「あなたは今年がモテ期です。」と言われて悪い気はしないと思います。 それを信じて気になる異性にアプローチして、成功することもあるかも知れません。 一歩を踏み出す勇気を与えてくれるという意味で、モテ期という言葉は大変役に立っていると思います。 今後もこの言葉は、より浸透されていくと思われます。